ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも励みになります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

うつ病関係

ため息をつくと幸せになる!?緊張がほぐれたり実はメリットが多い!

『ため息をつくと幸せが逃げる』

誰もが一度は聞いた事がありますよね。

うつ病時代にため息を何度ついた事か。

ため息をつく場所によってはマイナスになるが、ため息自体は悪い事ではない。今回はため息のメリットについて紹介。

身体の調整をしてくれる

短いため息よりも長いため息が実は良い。

うつ病や精神的に弱っている時は自律神経が変になっている。ズレた自律神経を整えてくれる役目がため息にはあるのです。

※自律神経がおかしい時の共通点

身体中の筋肉が緊張して硬くなる

呼吸が常に浅くなってしまう

結果酸素不足で頭痛やめまい発症

※長い溜息をした時に起こる変化

呼吸が深くなり、緊張がほぐれる

身体が柔らかくなり良い呼吸に

結果、頭痛やめまいの頻度が減る

よく聞きませんか?

『緊張した時は深呼吸だ』という言葉を。

長い溜息は深呼吸に近い。

良い呼吸が出来れば良い状態になる。

人気漫画『ジョジョの奇妙な物語1部』にてツェペリのこのような名言があります。

呼吸を乱すのは「恐怖」だが「恐怖」を支配したとき!呼吸は規則正しく乱れないッ!波紋法の呼吸は「勇気」の産物!!

うつ病や精神的に弱ってくると常に何かに恐怖心が出てきます。結果、悪い事を常に考えてしまう悪い癖が出来てしまい、呼吸が乱れ更に悪い状態に陥る。

負の連鎖ですね。それを整えるのが今回のテーマである『ため息』なのです。

この記事を読んでいる素敵な貴方!

ここで一度長いため息をつきましょう。

ため息が出る間って実は元気

ここでトリビアをご紹介。

極限まで疲れてるとため息は出ない

驚きですよね。ため息が出る時って実はまだ余力がある。長いため息は身体を整えると先ほど紹介しましたが、まだ回復出来る体力がある証拠でもあるのです。

かと言って疲れてる時にため息がまだ出るから無茶が出来るという意味ではないので、疲れた時はしっかりと休みましょう。

ストレス発散効果がある

NHKの朝の情報番組『あさイチ』において『こころの疲れ解消法』という特集で紹介されました。

ため息をすると脳が不安を感じてネガティブな感情に陥るのを軽減するとの事。

一息つくという表現がありますが意識的にため息をつこうとすることで頭の切り替えをする事が出来る。

例えば、スポーツでも切り替える時に深い呼吸をする場面が多々映りますよね。あれもまさにこの事。嫌な意識を良い意識に切り替えようとしているのです。

ため息のデメリット

ここまでは良い事を紹介してきました。

勿論、デメリットもあります。隠さずに紹介していきましょう!

ため息は他人を不幸にさせてしまう

この一言に尽きますね。

自分に不幸ではなく、相手が不幸に。

電車内や映画館など近くに人がいる場所でため息を連発すると場合によっては衝突する可能性もある。

もしも自分の隣の人が突然ため息をしたり、連発して来たら困りますよね。一度のため息なら仕方ないにしても何度も聞こえてきたら…

場所を選んでため息をしましょう!

まとめ

ため息=悪い

という常識は未だに続いてる。

でもその常識は崩れつつある。

私自身も良く長いため息をつくようにしていますが場所は選んで行ってます。

自宅が一番安心出来ますね。自宅にいると今日の反省会みたいな事を勝手に考えてしまう事ってありませんか?

こうすれば良かった、もう少し頑張れたなど寝る前などに考えてしまいます。

悪い事を考えるとどうしても身体が硬くなってモヤモヤ状態に。

そこで長いため息をすると一気にリセットしてすぐに寝られます。

長いため息以外にも、短いため息でも効果はありますね。ただ個人的にはゆっくりと長めの方が良い効果が出ると思います。

周りを見てから良いため息をしましょう!

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST