ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

千歳亜門が卓球でオリジナルスタイルの日ペン両面表にした経緯を語る!

卓球のメンタルブロガーとして活動中。

色々な練習場所にお誘いをして頂き本当に嬉しいです。ありがとうございます。

練習の際、必ず聞かれる質問がある。

『なんで日ペンの両面表なんですか?』

先に言いましょう。正直に言うと…

実はそこまで深い意味はありません(笑)

本当に偶然の産物でした。

誰かと被るのが嫌なんですよね。皆と同じ有名なラバーを使いたくない。昔から遊戯王やポケモンとかでも誰も使わないオリジナルスタイルが好きで、卓球もそうなりました。

2020年3月27日の今現在、日ペン両面表は驚く事に世界で3人しかいない。

関西に1人(全国区)

関東に2人(私と女性)

実は今のスタイルに落ち着いて3ヶ月目。まだまだ不慣れですがやっと表一枚ラバーの使い方にも慣れた。

今回は日ペン両面表にしたまでの経緯を語りたいと思います!

最初はただのペンドラ

卓球を始めたのが中学生。この頃は日ペンの柳承敏(ユスンミン)が大活躍な時で、何も考えず迷わず日ペンを選んだ。

だけど驚く程…弱かった。中学~高校まで県大会なんて夢のまた夢、予選の初戦でいつも負けて2回戦がベスト。

大学は卓球をやらずに完全引退。

社会人になり、メニエール病を患った時に卓球を7年ぶりに再開した。

最初は『ハモンドプロα特厚』を使用。

次に『ラザンターR47ウルトラMAX』

最後に『剛力快速特厚』を使用した。

毎日卓球をして沢山の卓球仲間に恵まれ、何度か大会で優勝をする程、強くなる事が出来た。

順風満帆だった。だけど…ある事件をきっかけに表ソフトの道へ進む事になる。

本気でフルボッコにされた

この頃は団体戦も優勝して調子に乗っていた。俺は強くなったんだと。

とあるチームの練習に参加させて頂いた時に事件は突然起きた。

キャプテンと試合をする事になる。裏表シェークでバック表のスタイル。

もうね、無残な程フルボッコにされた。

スコアは0-3で2-11,1-11とかだったはず。今まで戦った表ソフトで1番強かった。魔法のようなラバーだった。回転はブチ掛かって、ブロックはドナックル。

『JOOLAのタンゴウルトラ』をバックに使用していた。

表ソフトってナックルオンリーでガンガン攻めるモノだと、この頃の自分は思い込んでいた。

このキャプテンの使い方は本当に凄くて…憧れた。表ソフトを使いたくなった。

後に直接聞いた話で団体戦で元全国3位という凄い方でした。そんな方と試合が出来て本当に幸せ。

そこから表ソフトの世界に入った。

最初はシンプルにペン表

1年以上も前の話。伊藤美誠が大躍進の活躍で一時期モリストSPが爆発的に売れた時がありました。

そんな時に私も買っていて、まずはシンプルに片面ペン表からスタートするも…

何も出来なくて本当に泣きたくなった。

裏ソフトに戻そうか真剣に迷った。まず、サーブの回転が掛からずリターンエースの嵐。更には表の展開が速くて追いつかないなど色々と悩む点があった。

迷いに迷った時、閃いてしまった。

『裏面削ってもう1枚表貼ってみよう』

何故こんな答えになったのか今でも分からないが、それほど苦しく悩んでいた。

両面表のスタート

実はこの時シェークの両面表を使う人と交流があった。よくよく考えてみると日ペンの両面表っていないな?と考えた瞬間に閃いた。

それが日ペン両面表の始まり。

フォア面はモリストSPのまま、バック面は変化表ソフトの『スーパードナックル』を貼った。これには明確な理由があって…

早いナックルと遅いナックルで勝負してみようと考えた。速い展開に追いつかず自滅するなら遅いナックルも交ぜれば戦いやすくなるのではと閃く。

結果を言うと大失敗に終わる。

遅いナックルは相手も戦いやすくなるのと、サーブの問題は変わらずリターンエースの嵐再び。

そういえば表ソフトになったきっかけのキャプテンは横目の回転が掛かりやすい表ソフトを使っていたなと思い出す。

そして次のスタイルへ挑む。

回転系×ナックル

バタフライの表ソフトの中で1番回転が掛かると人気の『インパーシャルXS』をフォアに、ナックルが出やすい『スペクトルブルー』をバックに貼った。

この組み合わせが結構良くて1ヶ月間このスタイルが続いた。大会でも良い結果を残せたのだが…

再び問題発生。

回転は掛かるがナックルがインパーシャルXSだけだと出し難い。いちいちラケットを反転させてスペクトルブルーを使うのも疲れてしまった。

キャプテンの使っていた『JOOLAのタンゴウルトラ』のような表ソフト単体で何でも出来る魔法のようなラバーは無いか調べた時…

今のスタイルに辿り着く。

表一枚ラバーと出会う

表ソフト全種類のラバーを調べていた時に気になる不思議なキャッチコピーが目に止まった。

『超変態的な王道ラバー!?』

表ソフトの一枚ラバー。横目で回転も掛かるし超ドナックルが出るらしい。

弾まないけど単板10mmのラケットを使用していたので弱点を補えるのではないかと一か八かで変えようと決意。

新年早々、1/4にWRMへ買いに行った。

これが最高に良いラバーで大成功。

生涯、フォア面はクレア一枚ラバー以外使用しない事をここに誓いたい。

それ程、自分に合った。いつか違う記事でクレアについて紹介をする。

バック面もクレアの1mm(カットマン用)に変え両面クレアの表ソフトになった。

何故、カットマン用ラバーにしたのかと言うとバックサーブが武器になると思ったから。下回転、ナックル共に出しやすく良いラバーですよ。

弱点だったサーブが今では立派な武器にまで進化する事が出来ました!

卓球人生で最高の3ヶ月

クレアに変えて沢山の方と練習をした。

変えた次の日に卓log会初参加!

その3週間後にはめしだ会長と初試合!

色々な大会に出場して負けが続いて本気で一時期スランプに陥るも…

再び卓log会に参加してスランプ脱出!

東京、神奈川と複数のチームやサークルで沢山練習をした。楽しかったなー。

そして3ヶ月経過。濃い3ヶ月間だった。

表ソフトに変えて半年経過。もう裏ソフトに戻れない…というか戻したくない程、表ソフトの楽しさを知る事が出来ました。沢山の仲間に感謝!

本当にありがとうございました!

終わりに

先日、表ソフトになるきっかけとなったキャプテンと久々に試合をしてフルセットまで競りました。負けたけど褒められて嬉しかった!

日ペンの両面表ってまず存在しないので相手は無意味にビビる。精神的に有利。

『初見殺し』

いつしか周りの仲間にそう呼ばれるようになった。確かに初対戦だと勝てる試合が多くなって嬉しいですね。

格上選手にも勝つ事が増えて卓球が更に好きになりました。完全に職人コースな戦型になりましたが、極めたいと思います!

両面表は楽しい!

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST