ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

雑記

ダーツの楽しさを紹介!GACKTやSMAPのキムタクもハマる趣味

どうも!千歳亜門(ちとせあもん)です。

ダーツといえばSMAPの木村拓哉(キムタク)さんやGACKT(ガクト)さんが愛好家ですよね。本日は今人気のダーツについて紹介したいと思います。

おすすめはソフトダーツ

ダーツはボードに投げ当てるスポーツ。

矢という事もあり刺さると怖い。と思ったそこの貴方!安心して下さい。

『ソフトダーツ』という矢の先端がプラスチックで手に刺さる事も無く、痛くも無い安全なモノがあります。

私もこのソフトダーツにハマり、一時期本気でプロを目指そうとした程です。

ダーツは手軽で100円の1コインから出来る。場所はゲームセンターにもあるので何処でも遊ぶ事が出来る。ダーツバーや、ダーツ専門店、漫画喫茶など探せば意外に多く見つかる。

基本的にダーツを投げる時はハウスダーツという、そのお店に元々置いてあるレンタルダーツがあるのでプレイ料金のみで楽しめるのも嬉しい。

ソフトダーツは現在ブームが来ていて男性のみならず、女性も大勢ハマっている。

是非、投げてみて頂きたい。シンプルなルールながら奥がとても深い。

ダーツのルール

ダーツは『カウントアップ』というゲームが1番王道で人気のゲーム。

ルールは3投を1ラウンドと数え、全8ラウンド終了後の得点を競い合う。

つまり合計24回投げます。

約2m弱の距離から小さなダーツを投げるのですが、最初は意外に届きません。

真ん中の赤い的は50点。2番目に高い点。

その周りの小さな〇がトリプルといって、3倍の点数になる。

1番外側の〇はダブルといって、2倍の点数になる。その他はシングルで1倍。

3回投げて真ん中に全部入ったら150点。でも1番高い点数ではありません。

20のトリプル、60点×3投=180点が1番高い点数となります。真ん中に狙う以上に難しいですよ。実際に投げてみると分かります!

点数はダーツが刺さった瞬間に機械が自動で計算してくれるので私達はとくに計算はせず投げるだけで大丈夫です。

3回投げたら、刺さったダーツを抜いて、交代ボタンを押して、2ラウンド目に移るか、対戦相手の番になる。以降繰り返し。

文章では難しそうですが実際にやるとシンプルですよ。

ちなみに、このカウントアップや他のゲームも同時に4人まで対戦可能。

白熱します。

マイダーツはロマン

 

ハウスダーツは無料で使えて良いのですが、ある程度上手くなると限界が…

マイダーツを買うと一気にダーツレベルが上手くなります。

※上のダーツは私のマイダーツです!

※ダーツカード(500円)があれば投げた自分の自己ベストや様々な記録が残されます。オンライン対戦も出来るようになる。

ダーツ専門店に行くと凄いですよ。それぞれのパーツが沢山あって選び放題。

ダーツといっても4種類のパーツで成り立っている。この4つのパーツを考えるのが楽しい。

例えば、『長さ』と『重さ』

これもバラバラ。私は短いダーツで若干重めを使用。人によってどれが投げやすいかはダーツを沢山投げましょう。いつか分かる日が来ると思います。

女性のダーツブームという事もあり、ピンクや黄色など、バリエーションもかなり増え、花柄や星柄など、キレイな見た目のダーツやパーツがここ最近でかなり増えた。

マイダーツがあるとモチベーションかなり上がります。もしもダーツにハマりましたらマイダーツを買いましょう。

ダーツの面白さ

ダーツは『常に自分との戦い』

対戦相手に勝つにも、自己ベストを出すにもダーツは全て自分次第。

自分を信じる事がとても大事なスポーツ。

カウントアップは3投×60点=180点(MAX)×8ラウンド=1440点

ただブル(真ん中)を狙う人が多いので3投×50点=150点(MAX)×8ラウンド=1200点が一般的なカウントアップの最高点数とされています。

私の自己ベストは900点。何回か3投中3投ブル(真ん中)のハットトリックを決める形です。

ダーツは集中力が付く。大人になって衰えていたはずの細かな動作や集中力がダーツによって蘇ります。

ラウンドワンでフリータイムや3時間パック投げ放題コースなどありますが、最初は1時間投げ続けるだけでもかなり疲れます。腕も最初は筋肉痛になりました。

ダーツの良さはオリジナルが活きる事。

投げ方、構え方など型はありますが十人十色。絶対では無いので自分オリジナルの投げ方やフォームでも大丈夫なんです。色々試せて楽しい!

あと余談ですが…

ダーツが上手いと男女関係なくモテます。めっちゃモテます。純粋にダーツの構え、投げ、ダーツそのものがカッコイイというイメージが大きいのかもしれません。

職場の飲み会の二次会でダーツバーに行った時の事。独壇場で次の日からいつも以上に色々な人に声を掛けられるようになりましたね。

ダーツを練習して損は無いと思います。

オンライン対戦が熱い

ダーツは自分一人で投げるか、その場にいる人と対戦出来たりしますが、更におすすめのゲームがあります。

それは『オンライン対戦機能』

※ダーツカード(500円)が必須。

リアルタイムでオンライン対戦が出来るのです。それも国内のみならず世界中と。カメラがあるのでお互いの投げる姿や、試合前に手を振ったり楽しいですよ。

まとめ

いかがでしたか?

ダーツは1プレイ100円と安い。場所によっては何時間で何円というルールもある。

ハウスダーツという無料のお店専用レンタルダーツがあるのでダーツが楽しいかどうか安く確認する事が出来る。

サイフに優しい。

マイダーツを買う時にお金は掛かるがパーツを色々選んで自分だけのダーツを作るのは楽しい。更に楽しくなる。

お店によっては店内大会などもあるのでダーツを極めたら参加してみるのもありですね。

一人でも数人でも多数でも楽しめるダーツ。上手ければ人気になる事間違い無し。

是非一度投げてみてはいかがでしょうか。

RELATED POST