ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

卓球の試合で表ソフトに勝てない人へ!弱点と有利になる秘密を紹介!

最近、Twitterのタイムラインで良く見る内容がある。

それは『表ソフトに負けた』という呟き。

私も日ペンの両面表を使う表ソフトラバー愛好者。前まで表ソフトってそこまで試合で見る事ってありませんでした。

カットマンだって昔は裏粒が主流。

でも今は裏表、又は両面表のカットマンが増えた。シェークの裏裏ドライブマンも片面を表にする人だって増えた。

これは伊藤美誠の活躍による表ソフトの爆発的ブームによる始まり。

使う人が増えた結果、大会や練習で当たる事が増える事に。

表ソフト相手に競って負ける人、何も出来ずに負ける人、色々いると思います。

今回はこの記事を読めば表ソフトと当たっても怖くなくなる!?

表ソフト愛好者が伝える秘密を紹介!

ネットより低い球が弱点

表ソフトの独壇場は台上というのは大抵の方が知っていると思います。

基本的に表ソフトって裏ソフトと違って放物線を描かない。直線的な弾道が表ソフトの特徴。

ここで問題。何故台上に強いのか?

答えはネットより高い球が来るから。

直線的な弾道=ネットより高い球は表ソフトにとって全てチャンスボールなんです。

短いサーブ、カットしたぶちキレ球、粒高でブロックした球、どんな球だろうが台上やネットより高ければ関係ありません。

とくに表ソフトって初速が全ラバーの中で1番早い。回転の影響も受けにくいラバーなのでネットより高ければ基本的にミート打ちで『ぶち込む』事が出来てしまう。

逆に言えば…ネットより低い球は大変。

本当に上手い人はそれでも強打を打って来る。だけどそういう人は少ない。いるとすれば大会で勝ち上がるような上級者。

大抵の表ソフト使いには効く。

少しまとめましょう。直線的な弾道なのでネットより低い球が来た場合…

・1発で決める強打が打てない

・次に決める為に繋ぐ強打になる

・ツッツキで次に繋ぐ

このように次に決めようと繋ぐ。

先手を打つなら先に決める

タイムラインで表ソフトに打ち込まれてフルボッコにされたという呟きも目立つ。

逆転の発想ですよ!

先に決め球をこちらから打ちましょう!

ネットより低い球が対表ソフトには効くと書きました。表ソフトの何が嫌って繋ぐ球やブロックの何気ない球もナックルという嫌らしさ。

普通に打てば裏ソフトはナックル球によってミスをしてしまう。嫌らしい…。

球が低く決め球が打てない場合、基本的に表ソフトって低い球にはループドライブを打って次に決めようと備える。

裏ソフトプレイヤーにとって狙わないといけない重要な場面。

ナックル寄りの球が来る場合もありますが、基本的には上回転の球が来る。しかもループドライブなので浮く。来たらこちらから先に決め球を打ちましょう。

ここでやってはいけないのがネットより低い球の連続でループドライブを打ったのに、それをブロックしてしまう事。

ブロックした場合、ネットより高い球で返球する事になってしまう。そうなれば表ソフトのターン。決め球の快速ミート打ちで点を取られてしまう。

ループドライブ→裏ソフトのターン。

むしろこのチャンスを逃すと勝てない!

深い球が苦手

大切な事なので何度も書きますよ!

台上が表ソフトにとって独壇場。

逆に言えば低く、深い球の処理が難しい。

表ソフトって凄い繊細なボールタッチが必要なラバーで、面の向きが1cmズレただけでミスをしてしまう。

裏ソフトと違って弧を描かない分、面の調整が本当にシビア。難しい。

深い球って面が安定しない。加えて低ければ尚更。

伊藤美誠、他にも表ソフトを使う選手の試合動画を色々と見てほしい。

ミスする場面って大抵深い球の時。

ネットから遠くなればなる程、表ソフトにとっては苦しくなる。

中陣で戦われると嫌

表ソフトって初速が圧倒的に速い。

強打は裏ソフト以上の速さ。だけど…

初速だけ。

そう、速いのは一瞬だけ。

重いナックルに苦しむ人にも朗報。ナックルも一瞬だけで、中陣で球を受けてみて下さい。驚きますよ。

球めっちゃ軽い…!

★前陣で球を受けた場合

・球が速い&重いナックル

★中陣で球を受けた場合

・球が遅い&軽いナックル

表ソフトに勝てない人、負ける人の共通点は初速に騙されている。

一歩下がって戦ってみるのも有り。

ここで注意なのが…

表ソフトは小技がやりやすいので下がった時にストップされないよう警戒をした方が良い。そして何よりも下がった分、返球の際に球の高さに注意しましょう。

いくら下がって安心しても強打を打ち続けられたら大変ですもんね。

サービスエースで勝とう

ここまで色々書いてきましたが、それでも表ソフト相手は怖いという方。

サーブだけで点を取れる可能性がありますよ。めっちゃ朗報です。

ではここで問題。

表ソフトに効くサーブは何でしょうか?

①短いサーブ

②長いサーブ

答えは長いサーブ。正確には…

『ロングの低くて速いナックルサーブ』

驚く程、効きます!!

元々表ソフトってナックルの球に弱い。

表同士の試合なんて最悪ですよ。ネットを超えずボトボト落ちる(笑)

速くて低いナックルでしかもロングでサーブが来たら基本的に表ソフトって終わる。返しても軽い球になるので打たれやすい。

終わりに

表ソフトって何でも出来そうで実は出来る事が限られている。

最後にまとめてみました!

・ネットより低い球を出す

・繋いできた球は攻めて決めよう

・低い球に加えて深い球も出そう

・一歩下がって中陣で戦ってみよう

・深くて低いナックルサーブが効く

私も含め、表ソフト選手ってこれらの弱点を改善しようと必死で練習をしている。なので全部が全部効くという訳ではありません。

それでも有利になるのは確か。

是非、試してみて下さい。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST