ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

視線恐怖症だった高校時代は卓球の大会試合が地獄だった思い出を語る!

学生時代、卓球が大好きでした。

でも…大会は大嫌いだった。

視線恐怖症に毎日悩んだ。

過去のトラウマを乗り越えて大人になった今では卓球は勿論の事、大会が大好きになれた。

普通とは違う、当たり前が当たり前じゃなかった毎日。たまには過去の思い出について語りたいと思います。

視線恐怖症に覚える日々

視線恐怖症とは何か。

視線恐怖症とは『自分、相手の視線が異常に気になる不安障害の1つ』

下の写真を見て頂きたい。

この写真をずっと見ても何も感じない人は問題無し。だけど視線恐怖症の人はこの写真を数秒も見れない。

過去の私もそうでした。見ると身体が一瞬で硬くなってしまう。恐怖の余り呼吸が乱れ、過呼吸になってしまう程。

その結果、うつ病にもなってしまった。

高校時代は一時期不登校になる。

実は卒業式に出ませんでした。そして学生時代のもう1つのビックイベント…

『修学旅行』も行きませんでした。

高校生活、唯一の思い出は卓球のみ。打ってる時間だけは嫌な事も忘れる程、本当に楽しかった。

練習は最高の時間

授業を受けず部活だけ参加って今思うとアウトな気がする…。6時間目が始まる頃に家を出て下校が始まる前にひっそり登校。懐かしいな。

練習をしている時は心も穏やかで皆と同じ『普通』でいる事が出来た。

でもね、大会になると違った。

大会は恐怖の連続

大会だけはダメだった。実力とか、組み合わせとか、全部関係無い。

常に恐怖心との戦いだった。

例えば試合中。

・審判と目が合う

・対戦相手の応援の人と目が合う

・通行人と目が合う

他にもありますが…目があった瞬間に身体がイップスのようになる。

サーブのトスが上げられなくなったり、ラケットが握れなくなったり、酷い時は過呼吸になって棄権したり…

大会の時だけはいつも卓球が嫌いでした。

時間を忘れる程、卓球が大好きなのに大会になると自分の身体が自分じゃ無くなる。呪いの魔法に掛かったかのよう。

個人戦は県大会なんて夢のまた夢。

予選の初戦敗退、良くて2回戦敗退。

周りは対戦相手に苦戦している中、私は自分自身にずっと苦戦していた。

大学では絶対に卓球をやらない。高校生活が終わったら卓球とお別れだと決意。

病気により、卓球を辞めた。

人生何が起こるか分からない

そう、病気により卓球を辞めた。

まさかその7年後…

病気により卓球を再開するだなんてこの頃の私には知る由も無かった。

この頃には視線恐怖症、うつ病も完治していたので最高に楽しかった。後に『普通』の状態で大会に挑め、高校時代の夢が大人になってようやく果たせた。

そして今では東京、神奈川、千葉、埼玉と色々な大会に出場するまでになる。昔の自分からしたら絶対にあり得ない未来でした。

更に今では卓球ブロガーとして活動中なのも本当に驚き!

終わりに

今でもたまに思ってしまう事がある。

大人になった今の状態で高校時代に戻れたらどうなってたのかなって。

勿論、それでも試合は勝てないだろう。神奈川県の予選って超ハイレベル。

だけど…少なくとも対戦相手は自分自身ではなく、ちゃんと相手の事をしっかりと見る事が出来たのかもしれない。

それに、高校ならではの独特の大会の雰囲気をもっと味わえたのかもしれない。

もう後悔だけは絶対にしない。

それが卓球をする上での1番の目標。

勝つ事も楽しむ事も大切だけど、全てを良い思い出として振り返れるように後悔をしない行動を取るようにしています。

ブログって良いですね。過去の自分に会える。昔の事を深く思い出す事が出来る。

良い事も、悪い事も沢山思い出す。

コロナウイルス問題が1日でも早く治まって、卓球がまた出来たら嬉しいですね。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST