ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

病気

夏は意識すべき熱中症の症状や基礎知識を紹介!無理をしてはいけない

いよいよ梅雨明けしました。

連日の35℃。去年の今頃は38℃。

暑いですね。仕事に遊びに無理をしていませんか?少しでも熱中症に関して今一度、当たり前の知識ですが再確認していきましょう。

熱中症とは?

素敵な貴方へ問題です。

熱中症とは何か?分かりますよね。

『暑さにより、体内の水分や塩分のバランスが崩れる事体温の調整機能がおかしくなる事』である。

分かってはいても実際に熱中症になる人が多い。8月になり、たったの5日間で既に日本全国で16人も亡くなってしまった。

私も先日、熱中症になり苦しい思いをした。

何故熱中症に気を付けていてもなるのか?紹介したい。

無理した結果、熱中症になる

そうなんです。

無理をしたから熱中症になった。

ただ、それだけ。逆に言えば、無理さえしなければ熱中症にはならないのです。

簡単だけど難しい。

仕事、部活、大会、節約、外遊びなど、途中で下のポイントの事をふと思った事はありませんか?

・あと少しだけ

・~しなければならない

・まだ大丈夫だろう

ストップ!その考えがダメ!私も『あと少しだけ』、『まだ大丈夫』と思って仕事を続けた結果倒れました。

実は暑い時に喉が渇いた時には既に熱中症の一歩手前なんです。

脳の警告でもある。普段何気なく生活している時の渇きは人間としての行動。真夏の暑い時の渇きは生命活動としての警告。

最近お医者様も言ってますよね。喉が渇く前に水分補給を小まめに取るように。乾いてからでは遅いと。

仕事の忙しい時で、無理をして水分補給も後回し。あと少しで終わるから我慢と思ってた矢先にダウン。小まめに水分補給を取る大切さを改めて学びました。

今、この記事を読んでいる素敵な貴方。

一度読むのを中断して、水分補給を取りましょう。

熱中症の症状(順番)

もう一つ、問題です。

熱中症の症状を順番に言えますか?

スッと思い浮かべば大丈夫です。

貴方が思い浮かべた順番に今、貴方自身の状態はどこか分かりますか?

熱中症が重症になると意識障害になる。考える力があるなら大丈夫。ただ念の為もう一度読むのを中断して、水分補給を取りましょう。暑いですもんね。

①大量の発汗

②身体全体の悪寒

③身体全体の乾燥

④頭痛、吐き気、眩暈

⑤倒れる

シンプルに書くとこんな感じ。

先日倒れた時のまとめです。外仕事で汗が突然滝のように流れ始めた。そこから次は悪寒。この時点で既に体調不良。

そこから突然汗が止まった。治ったと思った矢先、突然の頭痛と吐き気と眩暈。ここで水分をしっかりと取ればと深く反省。その後倒れる間際で更に苦しみました。

熱中症の対応策

代謝良いとか喜んでる場合じゃ無かった。

熱中症になった時は涼しい場所にいても小まめに水分補給を続けないといけない。涼しいからもう大丈夫だという訳では無い。

実はお茶、ビールは水分補給にならない。

お茶とビールは利尿作用があり、水分が逆に消えていく。水だけだと水分補給の効果は微妙。

水分+塩分が重要なのだ。

経口補水液、ポカリがオススメ。

水分以外にも、立ち続けている場合は座る、横になるだけでも大分違う。無理に動くだけで余計悪化してしまうので止まる→水分補給の行動を小まめに心がけよう。

室内で熱中症になる人が意外に多い

熱中症と言えば外で起こる。しかし現代では部屋で熱中症になり亡くなるケースが多々あるのだ。

部屋にいると安心感がありませんか?目の前に冷蔵庫がある、すぐに横になれると。落とし穴なんです。

途中で書いた『まだ大丈夫だろう』という意識が最大に発揮してしまうのが室内。

そして室内で一番多い熱中症パターンが節約による原因である。

今年亡くなった16人、実は全員クーラーを付けていなかったという共通点があった。

早朝、日中、夜間とどれも暑い。その中でクーラーを付けないのは過酷だ。

まだ付けなくて大丈夫だろう、すぐ飲み物が飲めるし大丈夫だろう、大問題です。

電気代をケチってはいけません。

命の方が大事。

常に暑い状態で水分補給を取ってもすぐに放出される。飲んだからしばらく飲まなくて大丈夫だろう。とんでもない。

睡眠時、熱中症により死亡するケースが年々増えているとの事。私も去年からクーラーを付けて寝るようにした。

クーラーを付けて寝る事で、人によるが私は睡眠が深くなって目覚めが良く、疲れが取れやすくなった。途中で起きる事も無く快眠。電気代は夏だけは気にしない事にした。

疲れが残った状態だと翌日、熱中症になるリスクが上がるので、しっかり休む事も大事である。

まとめ

最後に読むのを中断して、もう一度水分補給を取りましょう。

・無理をしない

・小まめな水分、塩分補給

・涼しい所に移動しよう

・辛い時は横になろう

一番大切なのは、本当にダメだと思ったら必ず病院に行きましょう。

熱中症で倒れた時に改めて怖さを思い知らされました。熱中症になる人全員が必ず思ってしまう事がある。

それは『まさか自分がなるとは…』

絶対にならないと思っていた。正直舐めていました。熱中症は突然なる。もしかしたら明日は貴方がなってしまうのかもしれない。

無理だけは絶対にしないよう、お互いに気を付けていきましょう。

今日も明日も貴方の一日が素敵になりますように。

RELATED POST