ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

病気

快眠する方法を紹介!睡眠の質は改善出来る!健康的にゆっくり休める

千歳亜門(ちとせあもん)です。

今回は睡眠について紹介します。

最近睡眠時間が短い、すぐ目が覚める、起きても身体が重い、寝た気がしない…などありませんか?

睡眠は疎かにするべからず

突然ですがクイズです!

人間の3大欲求は…『食欲』、『性欲』、あと1つは何でしょう?

答えは『睡眠

生きるうえでとても大事。睡眠を削る人が最近とても多いですがダメです。

睡眠時間を削って何かをするというのは、実際良い事ではありません。

例えばテスト勉強の一夜漬け。

深夜起きてずっと勉強して少しの仮眠時間でテストを受ける人がいますが、実はこれって負の行動。

人は寝ている時にその日覚えた事をゆっくり記憶していくのです。つまり、睡眠時間が浅いと勉強しても記憶に残りにくい。

純粋に集中力にも大きな差が出ますよね。沢山睡眠を取った人と、仮眠だけの人では圧倒的に差が出る。

睡眠1つでその日の行動全てが良くも悪くもなるのだ。それほど睡眠はとても大切。

快眠の秘訣はいびきをしない事

いびきにメリット無し!

それ程、いびきは良い事が全くありません。誰かといる時は失礼ながら…うるさいですよね。

実はいびきをする人としない人は起きた時既に体力に差が出ている。

いびきをする人は起きてから既に体力が減っている状態に。それは何故なのか。

『いびきに体力を使っているから』

シンプルな理由ですがこれが全て。

いびきをかく理由は人それぞれですが多いのが日常的に口呼吸をしている、又は肥満傾向にある人。

鼻呼吸をしようにも鼻腔内が狭く睡眠中に息が吸えなく、吐けなくなりやがて口呼吸となり、それがいびきに変化してしまう。

しかし、ここで問題が。1人で寝ている人はいびきをかいているのか分からない。

そんな場合はスマホアプリで解決。

スマホアプリでいびきと検索

・いびきラボ

・Do I Snore or Grind

2つとも無料アプリなので安心。

何時間寝たのか、いびきはどの位なのか、睡眠の質など色々と教えてくれる便利なアプリ。

是非、お試し下さい。

いびきを防ぐ方法

いびきを防ぐには…

『横を向いて寝る事』

上と向いて寝ると、いびきが出てしまう。しかし、横を向いて寝てもいびが止まらない場合がある。

そんな時はドラックストアに売っている、ブリーズライトがおすすめ。

鼻に貼るだけで鼻がスッキリ。

ブリーズライト以外にも今ではいびき対策グッズが沢山あるので是非足を運んでみましょう。

良い睡眠をとる方法

いびきはかかないけど今より睡眠を良くしたいと思った方へ。勿論あります。

①抱き枕

人はハグをするだけでストレスが半分減るといわれている。横を向いて寝ると寝やすいうえに快眠しやすい。そこに加えて抱き枕を抱いてハグしながら寝る。

私も抱き枕使ってますがおすすめです。

②空気清浄機

意外かもしれませんが空気って睡眠にとって重要。場合によっては阻害する可能性もある。

埃が溜まると鼻呼吸や肺にも影響が出て何度も起きてしまう事も。とくに風邪を引いた時など空気清浄機は必要ですね。

③シャワーよりもしっかり入浴

激務だとつい時短でシャワーだけ浴びてすぐ出る人が多いですが、勿体無い。入浴すると疲労が取れやすく、リラックス効果がある。

入浴してすぐは身体が温まっているので寝にくい状態。遅くても1時間前には入りたい。

④寝る前に一杯のココアを飲む

ココアって実は栄養満点。自律神経を整えたり、『テオブロミン』という睡眠の質を良くする効果が入ってたり万能。

寝る以外にも疲労回復の為だけに飲むのも大きい効果が発生する。

⑤スマホ、パソコンを長時間弄らない

寝られない人で1番多いのがこれ。寝る直前まで長時間スマホやパソコンを弄る。

適度な弄りなら問題無し。ただ長時間になると寝付くのに時間が掛かるうえに目が覚めやすい。

弄り過ぎには注意しましょう。

睡眠時間について

皆さんは何時間寝ていますか?

6時間未満が意外にとても多く日本は今、睡眠時間に関して問題化されている。

実は6時間未満の睡眠は『徹夜』と同じ効果があるという。寝たとしても脳は全く休んだ事になっていないのだ。

現に私、過去にブラック企業で働いていた際に睡眠時間が毎日4時間という状況でした。

眠い、疲れが取れない。そして突然倒れ意識を失いました。軽いトラウマですね。

実は快眠する方法って1日2日じゃ難しい。日々の積み重ねが大事なのである。

適度な疲労、適度な食事、適度なリラックス。これらがあって健康的な睡眠となる。

休日に寝溜めする人がいるが実はこれは良くない。寝溜めした結果、本来寝るはずの夜に寝られなくなる場合がある。

休日に寝るとしたら30分など、短い睡眠時間を心掛けたい。寝過ぎは身体に不可が掛かる。

まとめ

いかがでしたか?

何も知らないで寝るよりも何か1つでも自分の為に成る情報があるだけで大きく変わりませんか?

ブロガーの方は記事を遅い時間まで書いてから寝ようとして睡眠不足だったり、読者は寝る前に読もうとして気づけば長い時間読んでいて寝ようとしても中々寝付けなかったり…

何でも適度が大事です。

1人でも多く、良い睡眠がとれますように。

RELATED POST