ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも励みになります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

大事な初戦を勝つ方法!卓球の大会で勝つには技術よりメンタルが大切

卓球はメンタルスポーツ。

大会って緊張しますよね。とくに初戦。

予選リーグ初戦って本当に大事な1戦。勝って勢いに乗りたい所。予選無しのトーナメント式だと余計緊張してしまいますよね。

毎回緊張して力を出せず負けてしまう。

大事な所で力が入って負けた。何もしない内に負けたなど色々あると思います。

緊張してなれば勝てた!

皆が思う嫌な共通点。

でも私は個人戦で基本的に初戦は負けません。圧倒的に勝率が高い。

結論を先に言うと、勝つも負けるも考え方1つで決まる。

考え方1つで初戦どころかシード選手だって倒せるようになります!

という訳で今回は大会で普段私が行っている事を紹介したいと思います。

その前に、はじめて読まれる素敵な方へ。

自己紹介をお読み頂けると幸いです。

常にチャレンジャーであれ

初戦を勝ちたい人はこれが出来ていない人が多い。これが今回の全てでもある。

大事なのでもう1度言います!

常にチャレンジャーであれ!

これさえ出来れば貴方は勝てる。

どういう事か。説明したいと思います。

組み合わせを見た時、試合前のラリーで強いのか分かった時、対戦相手の事を知った時にある考えが生まれる。

『よし、これは勝ったな』

私はこれを考えないようにしています。

何故か。気付かれた方はいますか?

1つヒントを。

シード選手相手と同じレベルの人との試合ではどちらがより力を発揮出来るのか。

格上相手だと負けても仕方ないと思う人が大半。とくに気負う事もなく当たって砕けろの精神で全てをぶつける事がし易い。

ここでポイント。同じレベル、又は格下相手に全てをぶつける事が出来ますか?

もう気付かれた方がいると思います。

この油断が敗因の引き金となる!

試合中に色々相手の事を知って『勝てる』と思う事は良い。しかし、試合前に『勝った』と思う事はダメ。

どんな場面でも自分がチャレンジャーだと挑戦する意識を持つ事が大切である。

後でもう細かく紹介しようと思います。

そもそも何故緊張するのか

緊張さえしなければ勝てる。

では何故、緊張をしてしまうのか?

答えは簡単。

『勝てる可能性があるから』

この大会の為に必死で練習をして来た。普段の練習だと良いドライブが打てる。コーチに褒められた。

など色々理由がある。

良い状態で挑めている。つまり、練習の状態だと勝てる可能性があるという事。ましてや初戦。決勝じゃない。初戦だし勝てるかも…と思ってしまいますよね。

しかし!その思考が勝ちを遠ざける。

どういう事か。

自滅への道を歩んでいる

試合前の『勝ちたい』、冒頭で書いた試合前の『勝ったな』というこの2つの思考が重なった時、初戦敗退という結末を迎える。

この2つは下手をすると極度に『緊張させる思考』なのである。自分で自分の首を絞めている。

・勝ちたい気持ち=身体が固くなる

・勝ったなと思う=油断、慢心

何故、チャレンジャーであれと言ったのか。試合前に勝ちたいと思っている姿を、又は普段の貴方を想像してみて下さい。

(例)

最近調子良いし勝ちたい!!

出来ればシードの所までは勝ち上がりたい。初戦は…自分と同じ位か。緊張するなー。でもラリーをすると上手くないぞ!これは勝てるな!

初戦っていきなり全部が上手くいく事なんてそうありませんよね。

サーブ、レシーブ、ツッツキ、ドライブなど何かしらはまだ不安定な事が多い。

少なからずミスをしてしまう。

この時に、初戦敗退をする決定的な思考に陥ってしまう。それはパニック。

ミスをして点数が離れてしまう。あるいはセットを落としてしまった時に…

しまった!やばい!!!

こうなってしまったら敗戦ルートへ。

本来なら勝てるはずの相手、かつ初戦。

勝ちたいと思い緊張で普段のプレーが出来ない、更に勝てる相手だと下に見た結果、逆に自分がやられている。不安と緊張は更に加速していく。

そうなれば落ち着いてプレーなんて中々出来なくなりますよね。これがダメな理由。

攻めてもミスをする、慌てる、普段通りのプレーが出来ない、結果何も出来ずに初戦敗退という結果に。

そうならない為に『常にチャレンジャー』でいる必要があるのです。

チャレンジャーでいればミスっても意外に受け入られる。慌てず次に活かせられる。

1球1球丁寧に集中する事が出来るのだ。

私が初戦で絶対に行う事①

勝ちを意識し過ぎてミスをした場合、パニックになり余計ダメになる。

という事が分かりましたね。

初戦で勝つにはそのメンタルを超えないといけません。どうすれば良いのか。

簡単です。自分で無く相手を見ましょう。

パニックになると人って基本的に自分の事しか見なくなってしまう。

周りが見えなくなってしまうのだ。

・ドライブが入らない!!

・足が動かない!やばい!

という思考を変えてみましょう。

・相手バックが苦手そうだな…?

・深めのナックルサーブが効くぞ!

自分では無く、相手をしっかりと見る。実はこれだけで意外に緊張が和らぐ。

未確定な不安要素がある相手の事が少しでも分かるだけで安心が出来るのだ。

私が初戦で絶対に行う事②

最初のサーブは絶対にフォアストレートを狙う。左利きの場合はフォアクロスに。

相手に飛びつきドライブをさせる。初球というのがとても重要なポイント。

初戦の初球って緊張しませんか?何のサーブを持っているか分からないし不安だらけ。しかも初球って基本的にクロスのショートに来る場合が多くはありませんか?

バック側に短い下回転とか。初球だけあって大半の人が手堅くいきたい所。

その心理を逆に突くのです。

初戦だし勿論自分も身体が固い。相手だって同じなはず。強気に速いサーブをフォア側に出してみましょう。

チャレンジャー精神で挑戦ですよ!

そこで色々と分かる事がある。

・相手が固ければエースで取れる

・相手のフットワークが分かる

・得意か、不得意なのか分かる

1球で相手の事が色々と分かりますね。点を取れても、取られても続く2回目のサーブも敢えて同じコースを狙う。

固ければ更に追い打ちを、本命は意外性を相手の脳裏に記憶させる。連続で出す、大事な場面でもまた出してくるのかもしれないと、後々の選択肢を増やさせるのです。

サーブって緊張するモノ。ましてやロングサーブなんて勇気がいる。成功すれば緊張も取れるし、失敗してもチャレンジャー精神で凹まず次に活かせる。

サーブ2本で得る事って多い。

私が初戦で絶対に行う事③

サーブの次はレシーブですね。

初戦って誰もが緊張する。守っていきたい所でもある。と思ってはダメ。

絶対に攻めます。先ほど言った通り大抵は短いサーブが来るのでフリックかチキータでミス上等で強打。入れば儲け物の意識で攻める。

えっ…ガンガン攻めてくるのか…

そう思わせれば完璧。

初戦で、しかもレシーブからガンガン攻めてくる相手って嫌ではありませんか?

強気の攻めって入れば固くなった身体がほぐれるのと、勢いに乗れる。

忘れてはいけない事がもう1つ、点を取ったら必ず声を出しましょう。

声を出すのも緊張を解く1つの方法。

これでいつものプレーで落ち着いて初戦突破が出来ると思います。

終わりに

沢山練習をして大会で実力を発揮出来ずに初戦敗退。辛いですよね。

学生時代がまさにそうでした。

社会人になって2年前に再開。7年ぶりにラケットを握ってこの2年で中級大会ですが7回優勝する事が出来ました。

技術では勝てない。それならばメンタルでは、気持ちでは絶対に負けないと誓い、練習に励んでいます。

何よりも元うつ病で精神的に病んだ経験があり、今はもう完治して人1倍メンタルは強くなれました。

試合で勝つにも、結果を出すにも、そして優勝するにも相手に勝つ事は勿論ですが、それ以上に自分に勝つ大切さも重要です。

絶対にどこかで弱気な弱い自分が出てくる。普段の練習中、大会の競った場面、色々な所で現れます。

それをどう乗り切るかも大切ですね。

メンタルが強くなれば絶対に勝てる。

技術を磨く練習も大事ですが、自分を信じ抜くメンタルも大事。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST