ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも励みになります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

初戦に勝利し次の試合にも勝つ方法!卓球の大会で勝つ人がする事とは

少し前に私なりの初戦を勝つ方法について紹介をしました。

初戦勝った!

おめでとうございます!でも大会ってこれで終わりじゃありませんよね。

トーナメントだと二回戦、リーグ戦だと次の試合がある。

今回は次の試合を勝つ方法を紹介!

先に結論を言うと分析が大事ですよ!

初戦突破後にするべき事

初戦勝ったー!

よっしゃ!次の試合までゲームしよ!

次の試合、恐らく負けます。

大会で勝つ人は初戦が終わった後に何をしているのか。

それは『相手の分析』である。

つまりは偵察。トーナメントでもリーグ戦でも私は絶対に行っている。

余談ですが…

学生時代は予選の初戦や良くて二回戦で負ける程、弱かった。何せ大会会場で鬼ごっこやモンハンやポケモンなど、今振り返ると苦笑い。

大人になって卓球を7年ぶりに再開して2年程経つが、対戦相手をしっかり見て、分析をし始めた結果、個人戦で7回優勝する事が出来た。

次の試合、二回戦という事は初戦よりも強い相手の可能性が高い。何よりもどういう相手か分からないままだと不安ではありませんか?

次の対戦相手はカットマンで前後の動きに弱くてサーブは横下系が中心。フォアのカットが苦手そう

対戦前からこのように分析が出来て、どういう相手か知れた場合…

勝てそうだと思いませんか?

相手のどこを見るべきか

私の場合…

・最初のサーブ

・最初のレシーブ

・途中の戦略

・デュースの競った時の戦略

この4つを重点的に見ます。

まず、最初のサーブ。

ロングで強気に攻めるタイプなのか?

ショートで落ち着いて攻めるのか?

下回転か横系か。これが分かるだけでも次に当たる時に初球から狙えますよね。

私は基本的にレシーブの初球は狙うタイプで、ガンガンプレッシャーを掛ける。

次にレシーブ。

短めのサーブ対してストップをするのか、払って攻めてくるのか、ツッツキで次に繋げてくるのか?

長めの場合は強打をしてくるのか、コースはどこに返球してくるのか?

これが分かるだけでサーブ側での得点率、攻め易さはグンと上がります。

途中の戦略。

相手は基本的に攻めるのか、一発のタイプか、コース重視か、攻めずに守るタイプか、ドライブは得意か苦手かなど、ここは漠然でも構いません。どういうタイプなのか何となく分かればOKです。

最後に競った時の戦略。

競った時って人のプレーが1番分かり易く行動に現れる。何よりも1番得難いデータになるので超重要。

競った時って基本的に自分の得意なプレーをしませんか?対戦相手の弱点を攻める時も勿論ありますが、最初のセットだと特に得意なプレーで攻めるはず。

デュースの時、この人はフォア側に短い下回転サーブを出してくる

又は

デュースの時、この人は打たずにストレートにツッツキをしてくる

ここでポイントなのがあくまで可能性。

だけど、この可能性という選択肢がある事によって何も知らないよりも落ち着いてプレーに集中出来る。

表情にも注目

ミスをした時の表情、攻めて点を取った時の表情もポイントである。

フォアストレートにドライブを打って点を取ったのに安堵した顔をしている。

もしやストレートに打つのが苦手?クロスに打つ方が得意なのか?

苦手だった場合、私なら敢えてバック側に立ち狙わせる。苦手ならコースもスピードも安定しないのでカウンターを狙えるかもしれない。

逆に安堵ではなく、攻めてミスをした時に思い切り悔しがる人いますよね。

そういうタイプは武器に自信がある。

自分の流れの時や、相手がイライラしている時に敢えて打たせる。又はそれまで打たせないよう戦略を練る。

ここで私が思う大事なポイントが…

どんなプレーも1点という事

ド派手にスマッシュ連打、引き合いなど豪快に攻める人っていますよね。勿論、私も本当はそうしたい。

豪快じゃ無くても得意なプレーで点を取りたい。だけど我慢して逆に相手の苦手や弱点を徹底的に突いて点を狙う。何故なら同じ1点だから。

勿論、セット数2-0みたいにリードして余裕が出来たら本来の自分のド派手なプレーでガンガン攻める。

大会って本当にどういう相手か分からないので、分かるまではどういう相手か知る事に徹するようにしています。

終わりに

何も知らない状態で試合をするのと

どういう相手か少しでも分かってから試合をするのでは大きな違いがあるという事に気付きましたか?

余裕があるだけで、いつものプレーがし易くなる=勝てる可能性が増える。

せっかく初戦を勝ったのに次の試合で緊張して何も出来ずに負けてしまったら悔しいですよね。

例え格上選手が相手だったとしてもどういう戦い方をしてくるのか分かれば対策が出来る。

色々な大会に出ていますが、試合と試合の間でスマホゲームをしている人が結構多いですが、個人的に勿体ない。

卓球は実力が上の人が絶対に勝つというスポーツではありませんよね。

大番狂わせだってあり得るスポーツ。

だから卓球って最高に面白い。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST