ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

雑記

無能で使えない!上司と合わない結果ストレスだらけでイライラした話

千歳亜門(ちとせあもん)です。

4回転職活動を行い、5社の上司やら後輩など、沢山の人と携わって来ました。

その中で大半の人が通る道。

『上司と合わない』

私は見事に経験してしまいました。

今回はその経験談。

新入社員を放置する上司

社会人デビュー。入社してワクワクドキドキの中で見事に放置されました笑

皆さんはありませんか?

『後で教える』と言われた事を。

初っ端からブラック企業に入社してしまったのですが、ブラック企業あるあるネタで『休む時が無い』事が多い。

そんな多忙、激務の中で新入社員に指導する時間なんて無い。酷い話ですよね。

でも良く考えてみて下さい。当たり前の事ですが出来る上司は時間を作れるはず。

責任を取らない上司

新人や部下は沢山の仕事を日々覚えようと努力をする。ある程度スムーズになって来た所で大抵は上司から新しい仕事を教えて貰える。

または企画や少し難しい事にチャレンジとして背中を押してくれる時がある。

普通の上司ならきっとこう言ってくれる。

『やってみろ。何かあったら俺が責任を取る。まずは何事も挑戦だ』と。

カッコイイですよね。俺が責任を取るだなんて言ってみたいです。

でも実際何かあった時、逃げました。

新人に全ての責任をなすりつけて見事に逃亡。勝手にやったの言い訳。

絶句ですよね。基本的に部下って上司に対して『上司みたいになりたい』と思って日々の仕事を頑張ると思うのですが…

この場合はもう真顔になりますよね。

反面教師で絶対にこんな上司にならないようにしよう。くそったれ!と当初は思いました。

年功序列の悲劇

4社で働いて学んだ事。それは年功序列は余りよろしく無いと感じた。

実力主義はもう名前の通り仕事が出来る人がバンバン出世して心強い上司となる。

しかし、年功序列となるとそうで無い。場合によっては無能な上司が誕生する。

上の2つもまさにこの年功序列の悲劇。

普通の企業でしたらこんな上司いたらすぐ降格ですよね。年齢が高いせいで若手には無駄に威張る怒鳴るの恐怖。でも上の人にはヘコヘコ。

貴方の会社にもいませんか?本当に嫌になりますよね。気を取り直して…

では、後半へ進みましょう。

短気過ぎる上司

恐らく嫌いな上司No.1だと思われる。

『すぐにキレる上司』

とにかく感情的。知恵袋やブログで新卒や中途の仕事辞めたい悩みを沢山読んでいると、共通してあるのがこのキレる上司。

上司にとって完璧な行動、言動で無いとキレられる。理不尽に罵声を浴びせる。私も悲しい事に経験した事があります。

上司という立場で自分は偉いと悪い方向に思い込んでいるモンスター上司。

出来る上司だったら俺は偉いと思うよりも慕われる上司になるぞと胸を張って欲しいものです。

普通の会話もままならないので、コミュニケーションが上手く取れない。こうなると上司の言葉に従うしか無いので操り人形状態。

何でも話せる関係が上司と部下の理想の関係ですよね。

仕事を分けない上司

全てを抱え込む上司。貴方の会社にいませんか?4社中3社出会ってしまいました。

これは最初の放置する上司と似ていますね。仕事の逆算が出来ない。簡単な所だけでも部下に指導しながら進めて行けば良いのだが全て自分でやろうとする。

そうなると部下は当然育たない。チームという名ばかりで実際はワンマンチームに。

こうなると上司も上司で苦しいままですよね。部下が育てば上司も少しは楽になれるのに。

まとめ

いかがでしたか?

無駄に上に立ちたがるモンスター上司。仕事が大変でも頑張れますが身近な上司が本気で嫌と感じたらもう毎日がツラいですよね。

私は転職という方法で強引に解決させましたが運による。もし会社を辞めたくないという場合は…

・上層部に相談

・部署異動

・極力上司と関わらないようにする

でしょうか。

上司が会社の中で1番身近なだけで偉いという訳では無い。本当に嫌な時は上層部に相談してみるのも一つの手ではある。

又は部署異動。思い切って行動してみるのもあり。だが転職と似ていてギャンブル感がある。異動先も似た上司だと意味が無いので最後の切り札として使ってみよう。

それかもう関わらない。自分から話さない近寄らない。無理をしない事が大事ですね。

日々の業務に加えて対人でも疲労とストレスを抱えたくは無いですよね。一生ずっと関わるって事は無いので上手く程良い距離を保って付き合いましょう。

明日もお互いに仕事頑張りましょうね。

えい、えい、おー!

ありがとうございました。

RELATED POST