ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

WRM下川裕平(xia)さん著者『卓球の教え方の教科書』の紹介!

この本を読んで卓球について考える癖を付けようと思いました。

WRM下川裕平(xia)さんが出した『卓球の教え方の教科書』という本。

実はこれアマゾンで5冠を取る程の大人気。周りの卓球仲間、とくにキャプテンやリーダー格の人、指導者が読むべきな、まさに卓球の教科書の中の教科書。

勿論、私のような選手が読んでも勉強になりました。今すぐに卓球の練習がしたい程。新年だとどこも練習が出来ないのが悔やまれる。

今回は紹介の前に、WRMのセールに関しても報告したいと思います!

WRM新年セールに参加

先日投稿したWRM新年セールの記事。

行ってきました!

店内はかなりの活気。そして…

・ぐっちぃさん

・xia(しゃー)さん

・やっすんさん

・がねさん

・単さん

記事に書いた通り他にもWRMのスタッフ全員が集う豪華な店内!

欲しいラバーが過去にやっすんさんが試打レビューした動画があったので少しの間、やっすんさんとそのラバーについて相談をしました。とにかく面白い方で優しい!

ぐっちぃさんも常に笑顔で物腰が柔らかくて、がねさんは体調を若干崩しつつも頑張っていて、その姿を見たやっすんさんが爆笑していました。

そして今回の主役xia(しゃー)さんは…

多くの方にいつも通りの真面目な顔でずっと卓球について話していました。

お目当てのラバーも単さんに貼って頂き、本当に皆さんありがとうございました。新年からとても幸せな始まりとなりました。

実は最後に集合写真まで撮って頂いて…

家宝にしたいと思います(笑)

本当にありがとうございました。

WRMは3回目の利用となりましたが、また後日買い物に行こうと思います。

下川裕平(xia)さんとは

今回のメイン『卓球の教え方の教科書』を出したxiaさんとはどのような人か。知らない人はWRMの動画を見て頂きたい。

・全日本選手権8回出場

・日本リーグ2部新人賞

・東京選手権5回出場

・新体連全国大会団体2回優勝

・全九州中学校優勝

・全九州高等学校優勝

現代では珍しい日ペンを使う。

私も去年草の根シングルス大会で生xiaさんの試合を観た。ブロックが違ったので戦えなかったが次元が違う。

ドライブの破壊力が本当に凄い。

そして本当に卓球に関して真面目。

卓球の教え方の教科書とは

まず、この本を読むと卓球について考える癖が出来ると思った。今までの負けた試合を思い出すと、もっと考えて試合をすれば良かったと後悔している。

・卓球が上手くなる方法(考え方)

・試合の勝ち方に気付ける

・強くなる人となれない人の違い

・仲間にアドバイスをする時の内容

・知る大切さ、教える大切さ

・自分と用具の関係性の重要さ

・自分とプレースタイルの重要さ

などなど他にも沢山ある。

自分のこのブログと同じでメンタルが非常に大事なカギとなっている。考えるという事は良い思考でないといけない。

・考え方1つで強くなれる

・練習の仕方1つで変われる

・自分を知る事で大きく前進

・相手に教える事で気付ける事

当たり前な事が書いてあるが読んでみて改めて『確かに』と気付ける。当たり前を忘れた結果、今私達は成長という壁にぶつかっている。

それを打破、打開してくれるのがこの教科書である。技術本でも自己啓発本でも無い、かと言って練習メニュー本でも無い。

『考え方』『教え方』特化した本と思って頂けると幸いです。新しい。

トップクラスの選手は無駄な練習をしない。でも私達は気付かぬ内に無駄に近い練習をしているという事にも気付けた。

B級クラスで7回優勝している私ですが、A級クラスのような上級大会では思うように勝てない。中級者と上級者には大きな壁があるが、その点に関しても詳しく載っている。

乗り越える為に考える。

本当にこの本は考える大切さを知れる。

どのように考えるのか?実際に読んで頂く事を強くおすすめします。

今、早く練習したい気持ちで一杯です。

その他人気の卓球本を紹介

せっかくなのでこちらに人気の卓球本をまとめて載せたいと思います。

終わりに

実は今月大会に幾つか出場するので早速この考える大切さを活かしたい。

考え方をより明確に持つ事で練習の質やモチベーションが上がる事を改めて知る事が出来たので、なぜフォア側に打ったのか、なぜ相手は今攻めをミスしたのか、その他色々と常に考えて練習や試合に挑みたい。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST