ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

ちはやふる真島太一から学ぶ諦めない気持ちの大切さを卓球で活かそう

卓球の試合で勝てない人へ。

勝てそうで勝てない、どう頑張っても負ける、強くなれない、そんな悩みを誰もが一度は真剣に考える。

どうすれば良いのか?

私は今、アニメ『ちはやふる三期』を観ている。ちはやふるは競技かるたを題材にした少女漫画。

そのちはやふるに救われない悲しいキャラクターが存在する。

三期になってようやく活躍をするが、それまでの一期、二期は本当に観てて悲しくなる程、光を浴びないキャラだった。

彼の名は真島太一

今回はこの太一というキャラの諦めない気持ちの大切さについて紹介したい。

前にも強くなるにはメンタルが大事だという事を書いたが、改めてもう一度紹介をしたい。このブログのテーマでもある。

ちはやふるとは

・あらすじ

主人公の綾瀬千早(ちはや)が転校生の綿井新(あらた)との出会いをきっかけに「小倉百人一首競技かるた」の存在を知り、その奥深さに魅了される。

千早が次第に自身の夢を見つけていき、真島太一(たいち)をはじめとした、そのほかの仲間達と競技かるたを通して成長していくストーリー。

少年漫画に通ずる熱さを有する作風から熱血スポーツ漫画と評されるが、同時に恋愛や友情、離別や再会といった青春ストーリーも描かれている。

2009年第2回マンガ大賞受賞。第35回講談社マンガ賞少女部門受賞。2010年「このマンガがすごい!2010年オンナ編」第1位。

単行本41巻までの累計発行部数は2400万部を突破している程の大人気漫画。

※現在は43巻まで発売中。

アニメは三期まであり、今現在放送中。

漫画もアニメもおすすめ!

真島太一とは

スポーツ万能で成績優秀。かるたで繋がった千早と新との絆をきっかけに、千早と共に瑞沢高校かるた部を立ち上げる。かるた部の部長。

負けず嫌いな性格。

頭脳、運動神経、容姿、財力、全てが揃った完璧なキャラ。

しかし、競技かるたに関しては才能が無かった。主人公の千早、他の仲間達にはある才能が太一には存在しない。

勝負での運の無さは作中No.1な程不憫。

競った試合は負ける。格下相手にも負ける。強い相手にも負ける。大事な場面で運が相手にいくなど本当に救われない。

『青春全部懸けたって、強くはなれない』

そんな弱気な気持ちの太一だったが、かるたの恩師、原田先生に言われた言葉をきっかけに大きく変わる。

『懸けてから言いなさい』

持ち前の記憶力を武器に天才達に追いつこうと奮闘。後に全国大会個人戦B級で優勝を果たし、皆のいるA級トップクラスへと昇格する。

作中屈指の名言だと思う。この場面は本当に鳥肌でした。

真島太一のメンタルを学ぶ

後に太一は飛躍的に活躍する。

しかし、何故そこまで強くなる事が出来たのか。元々頭脳が高く、記憶力もあるから強くなれたのか?

違う。今回のポイントは太一のメンタル。

どんな苦境でも諦めず、自分を鼓舞し続けたからこそ心技体どれも強くなった。

太一には作中多くの名言がある。

俺にも出来るかな…負けながら、泣きながら前に進むことが…。

中途半端と真剣の瀬戸際。現状維持でいるのか、本気で上を目指すのか迷う場面。この時はまだ迷っていた太一だが…

キツイけどやってんだ!負けるけどやってんだ!だって勝てた時、どんだけ嬉しいか…っ!

努力をし続けても絶対勝てるという事はない。それは卓球も同じ。苦しい状態だけど乗り越えようと必死に努力を継続する太一には心を打たれました。

泣くな。俺はまだ泣いていい程、懸けてない。悔しいだけでいい…

頑張り続けても負けは続く。どん底に落ちていても決して諦めない。周りの仲間が勝つ中で自分だけ負ける。それでも自分を鼓舞し続ける。

懸けてきたからこそ怖いんだ。なにも残らなかったら?悔しさしか残らなかったら…?

努力を続けていく内に思う悪いイメージ。それを払拭する為に更に努力を重ねる。

先生、俺は、A級になるより…逃げない奴になりたい!

意地でも勝とうと、強くなろうと必死で頑張る中で先生に断固たる決意を言う。

青春全部懸けたって、強くはなれないと言っていた頃と比べると凄い変化。

勝てなくてもいいんだけど…?そんなワケあるか!

言い訳を考える事も、言う事も無くなった。今の自分を、現実を受け止める事により更に成長を遂げる。

勝つ!必ず!

青春全部懸けてきたからこそ言えた言葉。今でも真島太一というキャラの更なる活躍が楽しみ。

最初の頃と比べるとメンタルの変化が凄い。どんなスポーツでもメンタルが強い人は勝負に勝てる、試合に勝つ事が出来る。ここぞの大事な場面で勝ち取る事が出来るからだ。

前を向き続ける大切さ

卓球をする上で、負けが続くと本当に苦しい。私自身、最近負けが続いている。

だからこそ、太一の決して諦めない気持ちが深く胸に刺さった。反省点よりも負けた言い訳を考えている時がある。

正直、今の自分を知らん顔しようと、逃げようとしていた。やるべき事は沢山あるのに現実から目を反らそうとした。

でも太一はどうか?前を向き続けた。

いつか勝てるだろう、きっと上手くいくだろう。そんな事は起こらないと太一は教えてくれた。

『いつか』は一生来ないのだと。

『きっと』だなんて起こらないのだと。

今この瞬間を必死で頑張る。諦めてはいけない事の大切さを学ぶ事が出来た。

終わりに

ちはやふるは本当に素晴らしい作品。

サブキャラにも結構力を入れていて、どのキャラにもスポットが当たる。

アニメも是非観て頂きたい。

勝ちたいと思う事は皆一緒。でも実際に勝てる人はそこまで多くはいない。

苦しい時こそ、自分を信じ続ける。

難しい事ですよね。

実は私、元うつ病。真島太一とはまた違った絶望の淵にいました。

自分を信じる事、諦めない気持ちはスポーツのみならず、どんな事でも大切。

真島太一というキャラクターの活躍が楽しみ。最終話はどのような内容になるのか。まだまだ続くちはやふる。

私も負けないように頑張るぞ!

素敵な一歩が歩めますように。

 

RELATED POST