ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも励みになります。

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

卓球ですぐキレる人!怒りは試合で何も活きない!イライラは逆効果!

少し前に書いたマナー違反の記事。

試合中にキレる人って結構見ます。

気持ちは分かる。競った場面や大事な場面だと熱くなりがち。私自身も何度かキレそうになった事がありました。

でもね、イライラしても良い事は無い!

むしろ逆効果!

試合に勝てる人は球のコントロールも上手いけど、感情のコントロールも上手い。

今回は怒りについて紹介!

何故、イライラするのか

理由はシンプル。

勝ちたいからなんですよね。

練習では入る。でも試合だと緊張もあって入らない。小さなミスからイライラが徐々に大きくなって、更に力が入って再びミスをして怒り爆発。

特にチャンスボールをミスった時は…

自分のミスが原因でイライラする事もあれば、上のマナー記事で書いたネット、エッジで謝らない、ガッツポーズをするなど相手によって受けるイライラもある。

前者の場合はひたすら練習を積んで強くなるしかない。後者の場合は気にしない事がとても重要。

勝ちたいからこそ、自分の理想と違う結果が起こってしまったり、集中している時に相手によって阻害された結果、イライラしてしまう。

今回のポイントは怒りは試合で活きない。

何故、活きないのか。実は実験しました。

怒りを試合に活かしてみた

大事な場面でネットインが結構あってイライラ状態という設定で嫌な事を沢山想像してゲーム練習をしました。

表ソフトのスマッシャーなので怒りを全てフォアに託して全力フルスイング。

怒りを試合でぶつけた結果どうなったか。

・スイングが速くなって角に当たる

・コントロールが利かない

・打った後に戻れない

・戦略(攻撃)が単調になる

実はいつもの方が威力が出ていた

驚く程、良い事が無い!

スイングスピードが上がった事は良いと思う。だけどその分、スイートスポットである真ん中に当たらないし、ラケットの角に当たる事が多かった。

次にコントロールが難しい。怒りを込めて打つ分、コースというよりも球威優先になってしまった。狙って打つよりも叩き込む感じ。

そして怒りに任せて叩き込む分、戻れない。相手にブロックされたら終わる。

今回の実験で一番驚いた事がいつもの状態の時の方が『威力』が出た事。

無駄に力が入るとはまさにこの事だと思った瞬間である。普段の力が抜けた状態の方が圧倒的に威力があった。

何よりも怒りに身を任せた結果、驚く程フルスイングが入らない。

余計ムキになって酷い結果になりました。

怒りは試合で活かせない。これ本当。

ではイライラした時はどうすれば良いのか。物に当たってはダメですよ。

一度笑顔になってみよう

伊藤美誠が最近よく試合中に行っていますよね。レシーバーの時に笑顔で構える。

瞬間リラックス法と言って、笑顔は身体の固くなった筋肉を瞬間的に柔らかくする効果がある。もう一度言いますよ?

笑顔は身体の固くなった筋肉を瞬間的に柔らかくする効果がある!!

開き直るというのも良い方法ですが時間が掛かる可能性がある。メンタルの切り替えって意外に難しい。でも笑顔は一瞬で出来ますよね。

こちらも実験をしてみました。

確かに落ち着く事が出来たのと、リラックスして打つ事も出来たし、良い事ばかりでした。これは是非皆さんもやって頂きたいですね!

終わりに

勝ちたいからこそ些細なミスやアクシデントでイライラしてしまう。理想と現実のギャップでキレてしまう人って結構いる。

怒る人って結構いますよね。

だからこそ!改善出来た場合、その人達を一気に抜けると思いませんか?

メンタルが良くなれば、それだけで強くなれる。知らない事を知るだけで人って大きく変わる事が出来る。だから私はメンタルに特化した卓球の記事を書いています。

イライラした時は一度ニッコリと笑顔になってみましょう。イライラした状態のままプレーをするのは絶対にダメ。

冷静な状態が強い。対極な関係にある。

『短気は損気』

短気を起こすと、結局は自分が損をする。

怒りは試合で活きないという事を覚えて頂けると幸いです。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST