ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

雑記

2度目の転職!大手だからと思い大企業に就職するも実はブラック会社

千歳亜門(ちとせあもん)です。

9月に入りましたね。学生、社会人も夏休みが終わって通常の生活に戻りますね。

またちょっとずつ歩んでいきましょう。

さて今回は2度目の転職話をします。

2度目の転職。

先に言うと地獄でした。ではスタート。

憧れの大手企業に転職

警備の大手会社は3社ある。

実は警備会社って日本全国で数えると、9000社以上あります。驚きですよね。

人生初の転職で小売業から警備業へ転職して、自分には合っている仕事だと思った。

初めての警備会社で0からのスタート。

いろはを沢山学び、スキルアップの為に警備会社の中でも大手にダメ元で試験に挑んでみた。

適性検査、筆記試験、面接を受けてまさかの採用連絡が来た。

とても嬉しくて喜んだ事を今でも覚えている。しかし、ここからが再び悪夢への第一歩とはまだ知らなかった。

地獄の研修生活

面接で軽く言われていた事があって、合格後に4泊5日の研修があるという。

実は仮採用でこの長い研修に合格した者のみが本採用、つまりは内定という訳だ。

筆記試験など色々クリアして合格したのに研修で辞める人なんて普通いないだろうと思っていた。

けど今なら言える。それは甘い考えであったと。正直舐めていた。

研修初日。目的地へ大量の荷物を持って到着。入口を入った瞬間から研修が既にスタート。

この研修期間の絶対的なルール

それは『何事も全力で行う』

最初の挨拶から大声。声が小さいと何度もやり直しをさせられてる人がいた。

歩く姿、教官への会話、何事でも全力。手を抜く者は容赦無く説教。

日本全国の企業研修でトップに入る程厳しい研修だったのだ。合格者以外にも勉強の為に新米の自衛隊まで数名参加していた。

複数のグループに分かれて共同生活となるのだが、これが残酷な生活で…

もう一つ絶対的なルールがある。

それは『連帯責任』

誰かが全力で行動しなかった時、忘れ物や何かミスがあると全員招集され説教。

ジャージで施設内からは研修が終わるまで出る事が出来ない。先に書こう。経験した事は無いがまるで刑務所にいるかのような体験だった。

研修という名のサバイバル

研修自体は座学、基本動作、適度な運動を日々行い続ける。

座学は警備業法に関して。警備にも法律があり、それをしっかりと学ぶ。

基本動作は警察官や自衛隊がよくやる敬礼や行進を完璧に出来るよう練習。

適度な運動はランニング、柔道や剣道、警戒棒の使い方や護身術など。

毎朝6時に起床して夜の10時まで手を一切抜かず全力で行い続ける。

集団での風呂やご飯は良い思い出。

研修自体が大変でリタイアする人もいました。噂では就寝時間の際、脱走する人もいたとか。

警備は人の命を守る仕事。生半可な気持ちでなれないという事を痛感しましたね。

チームという大切さ

基本動作は初日に分かれたグループ全員が一致した動きをしないといけない。

大きなミスがあれば最悪不合格。つまり内定取り消しになる。緊張で手足が震えたのは今でも忘れません。

全グループ一発合格。大半が涙を流した。私もその一人。文章では伝わり難いですが本当に過酷なんです。一気に安堵した事もあり涙がもう止まらない。

その後、閉会式を行い無事終了。

4泊5日が本当に長く感じた。そして5日ぶりの外の世界。

・人が歩いてる

・風が吹いてる

・車が走ってる…など

普通に生活していたら当たり前の事。

5日間も隔離された施設で過ごすと色々と驚きですね。5日分のニュースが分からないですし存在が消された感。

ドラマで良くあるシャバの空気が美味いという言葉を理解した瞬間であった。

この研修をクリアして自分に自信が凄く付きました。今でもこの研修を乗り越えたからこそ何事も怖くないし全力で何事も出来る。

一人じゃ絶対に合格出来なかった。チーム、仲間がいたからこそ助け合い、支えあって皆で乗り越える事が出来た。

本当にありがとう。今でも目を閉じれば思い出す。全員で頑張ったあの姿を。

そして始まった。本当の地獄が。

地獄という名の配属先

過酷な研修を合格して無事に入社。

警備は日勤、夜勤、当務(24時間)の3種類の勤務シフトがある。まさかですよ。

当務+日勤の32時間警備をするなんて。基本のシフトがこれ。衝撃でしたね。

そもそも人手不足が原因。人がいないからこそ連続で働く事に。

月の残業時間は100時間。キッチリと。

配属後の自己紹介でリーダーに『家族よりも長い時間過ごす事になるから頑張ってね』と言われた。

最初はこの意味が分からなかったが残業時間を知って納得。新卒のブラックと変わらない。

ブラック特有の負の連鎖

人手が少ない。つまりは少人数の精鋭部隊。エリート新入社員で無いとダメ。

忙しくて教える暇も無いからだ。

同期がいたが、1週間で悲しい事に退職をしてしまった。私は過去に警備経験、ノウハウがあるから無事良いスタートが切れた。

しかし同期は未経験で指導係の先輩に何度も怒られていた。精鋭部隊な以上、使えないと判断されたら扱いが酷くなる。

聞いた話によると…一日で全部完璧に覚えろ、オメー使えないなどパワハラ発言。質問しても『前に教えただろ。教えねーよ』で一蹴。

何十年も務めてる人なら出来て当たり前。でも配属されて数日で同じように完璧に動けだなんて無理ですよね。

休日が無い、連勤ラッシュで全員が常に疲れている。イライラしている。後輩を育てようとしない。

全員が自分さえ良ければどうでも良いのだ。助け合いなんて皆無。常に誰かの悪口で蹴落としあい。

新卒の会社と変わらず絶望しました。

勇気の退職決意

同期が退職してから先輩や上司のストレス発散は一番下っ端の私に。

朝9時か翌朝の9時まで仕事。そこから休み無く続けて日勤の夜6時まで仕事。

又は朝9時か翌朝の9時まで仕事してその9時間後に夜勤など自分の時間や遊ぶ時間なんて皆無でした。

寝て起きたら仕事。

職場では常にパワハラ。新しい人が配属されてもすぐ退職の繰り返し。

新卒のブラック経験があるせいで体力的には問題無かった。ただ生きてる実感が何もない状況で無に等しいですね。

感情が消えました。常に真顔。

後に労災案件が。病気になり絶望の淵へ。

新卒の悪夢を繰り返すならと思い、せっかくの大手企業に入社するも半年で退職を決意。

終わりに

皆さん、大手だからと言って絶対に良い企業という訳ではありません。

今回、私が入社した大手は給料全体で見れば高いです…が!

全体でですよ。

勤務時間が異様に長いだけで、もしも加算されてなければショックで倒れるレベルです。

新卒は完全にサービス残業。この会社は残業代が出るのでまだ助かりました。

入社当初の働くイメージと全く違うというのも退職の1つの決め手。

しかし大手企業に入社したというメリットは大きかった。後日再び転職活動を行うが…

受け入れが多数あった。

しかし、その中で再び私は運悪くブラック企業というカードをまた引いてしまうのでした。

3度目の転職話はまた違う機会に。

ありがとうございました。

RELATED POST