ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

卓球関係

卓球で強くなる人の特徴はどんな結果であれ認めて受け止める人である

大事な場面でネットイン…

チャンスボールがエッジ…

あれが無ければ勝ってたのに!!!

卓球のみならず、スポーツをしている者であれば一度は経験した事があると思います。大事な場面でまさかの事態。

負けた後、次の日、またその次の日とずっと引きずる方がいると思います。

受け止めるのか、受け止められずに凹み続けるのか。そこが強くなる人と、そうでない人との分岐点である。

今回は『現実を受け止め、今の自分を認めて現状を気付く大切さ』について紹介。

私はこれを知った結果、卓球を再開して2年で7回、個人戦で優勝をしました。

大会でよく見る光景

大会って試合が終わった後に次の試合が始まるまで時間が掛かりますよね。

そんな時に色々なグループから

『負けた~…』という会話が聞こえて来る事ってありませんか?

強い人ってその時点で仲間やコーチなどに反省点を言うんですよ。

最初のセットでバック苦手そうなの分かったのにコースが甘くて回り込まれて打たれて負けた…

負けた原因を分析するのは良い事だと思います。今の自分の及ばない点、やるべき課題が見つかりますよね。

ここで強くなれない人の共通点が

・何か負けたわ(笑)

・ネットだらけで負けたんだけど!

・負けたし帰る!ゲームするわ!

・何も入らん。入ったら勝ててた。

などなど色々あります。

負けた=そこで終わり。分析をしない。

加えて躊躇せずストレートに発言をしてしまうと『言い訳』を言ってしまう人。

『〇〇が無ければ勝ってた。』

この時点で自分の分析を絶対にしないですよね。負けた原因=全て相手のせいにしては成長をする事は出来ません!

今の自分を知る大切さ

xiaさんの本にも載っていますが、練習でも試合でも常に考える事が成長する為に必要。得意な武器だけを伸ばしても弱点を突かれては負けてしまう。

今の自分の強い点だけではなく、

どこが弱いのか、苦手なのか。自分を1番知っているのは自分ですよね。

現状に気付いている又は現状を知っているけど深く考えず練習を怠って、その結果試合で負けてしまう。

余談ですが、気付くと知るは非常に似ていますが意味は違います!

・気付くとは求めていた物が身体で分かる事。 腑に落ちて変化が伴う事。

・知るとは頭で分かる事で、変化があるとは限らないという事。

ここでポイントなのが分析をしても、しっかりと練習をしないと成長出来ないという事を知って欲しい。

どんなに自分の事を知っても練習しないと改善出来ないですよね。イメージだけで強くなれたらそれはもうプロになれます。

PCDAサイクルが重要!

・P…plan(計画)

・D…do(実行)

・C…check(確認)

・A…action(改善)

受験生や社会人の人は聞いた事があると思います。どういう事かと説明すると…

ダメだったら成功するようにまた改善して確認の繰り返す。そして最後に成功させるというサイクル方法。

考えて、実行をする事が成長へのカギ。

実行する事の大切さ

よくいる惜しい人が…

試合に負けてアドバイスを聞くだけの人。

聞く事が目的になっている人が実は結構多いんですよ。自分の知り合いにもいます。負けてアドバイスを聞いたのは良いんですが、次に練習した時は自分のやりたい練習だけをやる。

せっかくアドバイスを聞いたのに、それを活かした練習を組めば良いのですが…

聞いて満足をしてはダメですよ。

対戦相手によりますが優しいアドバイスから厳しいアドバイスまで十人十色。

私の場合ですが卓球を再開した時はとにかく試合後にアドバイスを聞きに行きました。

・何故負けたのか?

・何をすれば強くなれるのか?

・良い点と改善した方が良い点

など、自分なりに考えて答えが出なかった時には必ず聞きました。

そこから練習メニューを考え、又はした方が良い練習内容を言われた時はそれ中心に行うなどした結果…!

卓球を再開して2年で7回、個人戦大会で中級レベルですが優勝する事が出来ました。

高校時代なんて無名で毎回初戦敗退の私がですよ。部でも下から数えた方が圧倒的に早い程の弱さ。

『現実を受け止め、今の自分を認めて現状を気付いたからこそ、ここまで成長する事が出来ました。

きっかけ1つで、気付くだけで誰でも皆、成長する事が出来ます。

もう1度言いますよ?

気付くだけではダメ。気付いたら練習を、PDCAを実行しましょう!

主人公が強くなる共通点

好きなスポーツマンガ

スラムダンクで例えたいと思います。

主人公の桜木花道はチーム全員が強化合宿に行っている間、個別で練習をする事になる。全国大会前のジャンプシュート編。

安西先生からシュートの弱点を指摘され、桜木は最初否定をするも実際にジャンプシュートを打つと全て外し己の弱さを身を持って知る事に。

そこから1週間で2万本のジャンプシュートを打つ練習が始まるのですが…

最初は勿論入りません。それから桜木は自分のシュートを打つ姿のビデオを観て絶望する。徐々に改善していく中で、『オヤジ(安西先生)に明日聞いてみよう』と確認をして安定していき、無事2万本のジャンプシュートを達成。

気付かれましたか?

桜木花道もPDCAをしっかり行っている事に。他の王道漫画の主人公もしっかり行っている。

まさに今回のタイトル通り。

『強くなる人の特徴はどんな結果であれ受け止める人。成長の秘訣は認める事!』

今の自分を知って練習って本当に大切。

終わりに

気付くだけで、本当に驚きのスピードで成長すると思います。何も知らない人と比べて、この瞬間から貴方はどうすべきが知りましたもんね。

あとはもう実行するか、しないか。

弱さを知る事は恥ずかしい事ではありませんよ。変わる為に必要な事。

最初は誰もが弱いモノ。

素敵な一歩が歩めますように。

RELATED POST