ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

うつ病

うつ病にプロテインがおすすめ!タンパク質が良くする回復のポイント

千歳亜門(ちとせあもん)です。

今回はうつ病の方には是非食べて、飲んで欲しいモノがあります。

それは『プロテイン』

何故プロテインなのか?紹介したい。

プロテインとは

まずはプロテイン。

今の医学の中で『うつ病にはタンパク質を多く取る事が大事』といわれいる。

タンパク質を摂るにはプロテインがおすすめ。それは何故か。

意外に知らない人が多いが、プロテインは英語。では日本語で何でしょうか?

プロテイン=日本語で『タンパク質』

つまり、プロテインとはタンパク質そのものなのだ。1番多く摂取出来るのがプロテイン。米や魚、肉など圧倒的にプロテインなら摂れる。

それも1番簡単に摂取出来る。

是非この記事を読んだ後に試してほしい。

何故うつ病にタンパク質?

ここから本題。

何故タンパク質が大事なのかというと、身体の全ての元になっているから。

生命が活発に動くのは身体内の臓器が元気に動いているから。元気に動かすにはタンパク質が動く鍵となっている。

身体内のエネルギー補充にはタンパク質が必要不可欠。しっかり取らないと車でいうガス欠状態に。動かそうとしても元気が無くて動けなくなる。

うつ病状態ではタンパク質が人一倍必要。摂り過ぎたら肥満の元になってしまうが、適度な量を摂って欲しい。

理想はタンパク質を摂ったら適度な運動、しっかり睡眠を取る健康生活が重要。

衝撃の効果

うつ病時代に精神科で薬を処方されてました。精神安定剤という名前の通り精神を安定させる薬。

この中には『セロトニン』と『ドーパミン』が入っている。

セロトニンとは…

幸せホルモン物質。心のバランスを保つ神経物質の一つ

ドーパミンとは…

快感や意欲を出す神経物質の一つ

この2つの脳内物質がうつ病患者には極端に少ない。それにより心のバランスが保てずにイライラしたり、無気力になったり、常に不安感があるのだという。

ここで驚きなのがタンパク質って身体の中に入るとアミノ酸に変化する。このアミノ酸がセロトニンとドーパミンを身体内で発生してくれる。

凄いですよね。薬で摂る以外にもちゃんと摂れる事が出来る。衝撃でした。

プロテインの摂り方

プロテインの摂り方ですが、おすすめは1日に2回といわれてます。

朝と夜。

朝起きた時は身体中のタンパク質が空っぽ状態。元気を出すにもまずは朝起きてからプロテインを飲みましょう。

オススメはシェーカー付きのドリンク。

私はココア味のプロテインを毎日飲んでいます。付属のスプーンに3回シェーカーに入れたら後は水を入れて振るだけ。これで完成なので楽ですよね。

朝摂っても夜にはタンパク質はまた空っぽになるのでそこで再び摂る。

これを繰り返し行えば身体に変化が起こるのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

プロテイン=タンパク質。

タンパク質は身体に入るとアミノ酸に変わり、セロトニン、ドーパミンを発生してくれる。

セロトニンとドーパミンはうつ病にとって必要不可欠な脳内物質。

プロテインはドラックストアで販売されているので是非。楽天やアマゾンで購入出来る。

可能であれば1日2回を目安の摂る。

朝と夜がおすすめ。

何事も継続が力なりですね!

貴方に素敵一歩が歩めますように。

RELATED POST