ブログランキングに参加中!

是非、両方ポチっとお願いします♪

※↑上の大きな広告クリックや他広告クリックも是非お願いします♪

★クリック励みになります(*>∇<)ノ

人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

うつ病関係

うつ病を克服した私がおすすめするアニメ漫画の名言集黒子のバスケ編

※著作権の為、作品画像は控えます。

ジャンプのバスケ漫画『黒子のバスケ』

友情・努力・勝利のジャンプ3大テーマ全てが練り込まれた王道作品。

うつ病時代、そして完治して改めて読んだ時にビビッと来た名言を紹介したいと思います。

※今回は主人公の黒子テツヤ率いる誠凛高校の選手限定の名言

他の選手の名言はまた違う記事に書きたいと思います。それ程素晴らしいキャラと名言が沢山ある。

木吉鉄平の名言

山登るなら目指すのは頂上だが、景色もちゃんと楽しんでこーぜ!

誠凛高校2年の木吉の言葉。

木吉は膝の怪我から誠凛高校から離れていたが、治療の末についに復帰を果たす。

やるからには本気だ。目標はもちろん⋯どこだ!と、真面目なんだけど天然発言をする愛されキャラ。

そんな木吉のこの名言。私自身、うつ病を完治する努力をしていましたが途中は苦しいモノでした。

目指すはゴール。でもその途中の過程も楽しまないと損をする。日吉のこの名言に本当に助けられました。

木吉は全てを楽しむ気持ちの持ち主。

口癖は『楽しんでこーぜ』

個人的に1番大好きなキャラ。

木吉鉄平②

ただのピンチだ。終わった訳じゃない。楽しんでこーぜ!

誠凛vs秀徳の試合で、木吉が選手全員に言った言葉。

うつ病で苦しんでいた頃にこの言葉で凄く身体が軽くなった覚えがあります。

全てが嫌になって、自殺すら考えてしまう日々。そんな時にこの言葉にどれ程救われた事か。

人生終わった訳じゃない。これはただのピンチなのか。それならまだやり直せるのかもしれない。

もう一度頑張って生きてみようと決意した名言である。

木吉鉄平③

できないことができるようになるってのはいいもんだぜ?

全国大会で因縁の相手に言った言葉。

確かに今だからこそ言える。本当に素晴らしい事である。生きる事が楽しくなるし、毎日が楽しい。木吉の気持ちが少し分かった瞬間である。

木吉鉄平④

君はそこが限界って、自分で決めつけてねーか?

木吉の言葉は本当に胸に突き刺さる。

うつ病が治ってから改めて読んで思う。確かにうつ病だったあの頃は勝手に色々と限界って決めつけていた。

無理、ダメ、限界。どれも勝手に。

誰かに言われて気づく事ってありますよね。本当に木吉ありがとう。

伊月俊の名言

オレは不器用だから一つの技を覚えるにも人の何倍も練習しなきゃならない。だったら出来るまで何倍でもやるしかないだろ!

ダジャレをこよなく愛すクールだが面白いキャラの持ち主である伊月。

次の日試合というのに夜遅くまで練習をしながら言ったこの言葉。

うつ病を治す努力をしている時に心を打たれました。何事も継続するって本当に難しい。でも伊月は逃げる事無く練習を続け、技を手に入れた。

私も頑張らなくてはと思いましたね。

伊月俊②

ビビリは短所じゃないさ。臆病だからこそ出来る事もある。

後輩の1年を見て言った一言。

一見、ビビりは悪い印象がある。しかし、伊月はそれを悪いと思わない。むしろ逆である。

私もうつ病の頃は人の視線や言葉が凄く気になり常にビビっていた。最悪なケースも常に考え行動していたので確かにと思った名言である。

相田リコの名言

『いつか』だの『できれば』だのじゃいつまで弱小だからね。具体的かつ高い目標とそれを必ず達成しようとする意志がほしいの!

誠凛高校の監督兼マネージャーの相田リコがこれから入る1年生に放った言葉。

今でも覚えている。うつ病時代に治したいと何度も思っていたが、心の奥底では『いつか』と思っていた。この言葉をきっかけにやる気が上がったのを覚えている。

日向順平の名言

とりかえしがつかないような無茶は絶対すんな。勝って笑って、そんでこの先もバスケやろーぜ!

誠凛高校2年キャプテンの日向の言葉。

大事な最後の試合。その前夜に満身創痍の木吉に言った言葉である。

仲が良いようで仲が悪い不思議な関係な2人だが、大事な親友で、信頼しているからこその一言。

頑張ると一言にしても、やり過ぎるとそれは無茶になる。キャプテンらしい一言ですね。

火神大我の名言

どんなに苦しくても今出来ることをやるしかねぇよな!

誠凛高校1年、主人公のパートナーである火神大我。

全国大会編で残り時間僅か、絶体絶命のピンチの際にライバル校の黄瀬から厳しい言葉を言われる。その後冷静になりゾーンに入る瞬間に言った言葉。

生きていると苦しい状況って必ずありますよね。焦ってしまうし本当に苦しい。でも、だからこそ今出来る事をしっかりやらないといけない。

分かってはいても中々出来ない。改めて今を頑張るという大切さを教えてくれる名言である。

火神大我②

ここで決めなきゃいつ決めんだよ!

誠凛高校のエースとして言った言葉。

人生にはチャンスがある。そのチャンスは多いのかもしれないし、少ないのかもしれない。いずれにせよチャンスは決めないといけない。

火神はどんな時であれチャンスがあれば全力で決めに行く。

私も今を頑張ろうと思った名言である。

黒子テツヤの名言

諦めるのだけは絶対に嫌だ!!

主人公、黒子テツヤの言葉。

どんなに点数が離れても、圧倒的な差でも絶対に諦めない。まさに主人公の鏡。

苦境だろうが私も負けずに諦めないぞと勇気を貰った名言である。

黒子テツヤ②

可能性がゼロになるとすれば、それは諦めた時です。どんなに無意味と思われても、自分からゼロにするのだけは嫌なんです。

諦めるのは絶対に嫌だと言った後すぐにまた名言。流石は主人公ですね。

本当にこの言葉通り。自分が諦めたら終わり。シンプルながらとても心を打たれた。

黒子テツヤ③

試合終了のブザーが鳴るまでは、とにかく自分の出来る事を全てやりたいです。

黒子は元々影のプレイヤー。パス専門選手である。派手さは無いがチームに勢いあるパスを出して良いリズムを作る。

無理をしない。自分が出来る事だけを全力でやる。カッコイイですよね。

黒子テツヤ④

今勝つんだ!!!

まさに主人公の言葉。

カッコイイ。過去に負けた相手と試合し、ギリギリの攻防。残り時間僅かとなった時に言った言葉である。

次に勝てば良いでは無い。今を生きている。今、勝たないと意味が無い。今を全力で駆け抜ける。

友情、努力、勝利のジャンプ3本柱のテーマに沿った名言ですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

黒子のバスケを知っている人はどのシーンか分かると思います。

知らない人は是非、漫画を読むのもあり、アニメを観るのもあり。可能であれば両方。

絶対的な自分を持つキャラなど色々います。何があって決して諦めない各キャラ達の物語は心を打たれます。

素晴らしい作品です。

RELATED POST